カジノ・クラップス ゲーム のルール

無料カジノソフトウェアのダウンロード カジノ・クラップス ゲーム ( )

カジノ・クラップス ゲーム のルール テーブルゲーム 無料カジノソフトウェアのダウンロード

カジノ・クラップスのルール — 歴史

“サイコロ(ダイス)”を使うゲームは文明開化までさかのぼり、初期のサイコロは動物の骨やカシのような堅材から作られました。 2000年以上前にはローマの兵士が彼らの盾にブタのナックルを投げて遊ぶ“骨”と呼ばれるゲームが存在しました。 しかしどこでクラップスが誕生し、その名前の由来はどこからきたのでしょうか?

その回答をめぐって論争がおきましたが、ブタのナックル投げがカジノの歴史にさかのぼることは興味深いものがあります。

アラビア人がその勢力を元ローマ帝国まで拡大したとき、軍隊の娯楽として“骨投げ(ダイス投げ)”を取り入れました。 彼らはその小さな、番号がついた立方体を“azzahr”と呼びました。 中世期、ヨーロッパとの貿易が広がるにつれて、いつしかこのサイコロのゲームは“hasar”または“ hasard”として、フランス人により再び地中海地域にもどって来ました。 そして13から14世紀にかけてフランスとイギリス間の長期戦争により、英国の騎士は“hazard(ハザード)”(一か八かまたは危険を冒してとういような意味)と名づけて英国に持ちこみました。

英国人がこのゲームで最も低い出目を“crabs(クラブス)”と呼びました。 フランスの兵士達は英国の囚人からこの呼び名を採用しましたが、彼らの言語を尊重しフランス語の呼び名“crabes(クラベス)”として維持しました。 18世紀初期にフランスの植民者によってこのゲームはカナダに渡りました。 イギリスが植民地をアメリカから更に北へと勢力を伸ばしたましたが、18世紀末には、逆にフランス語を話すカナダ人がルイジアナに移ってきました。 その頃には英語名のハザードの呼び名はなくなり、 crabesはCajun(ケイジュン:カナダのアカディア出身のフランス人子孫である Louisiana 州の住人)の方言から“creps(クレップス)”として知られるようになりました。

Cajunがボートでミシシッピーに旅行した時に、この歴史あるサイコロのゲームは再び英語を母国語とするアメリカ人の開拓者達に紹介されました。 彼等はこのゲームを訛りから“craps(クラップス)”と呼びました。 その後、アメリカ人が西部に移り渡り、クラップスは全国的に酒場やカジノの主役となりました。 市民戦争後、サイコロメーカーは完璧に製造されなかったサイコロが問題にならないような革新的な案を提案しました。 プレーヤーはシューター側に賭けることも、逆にシューターに反して賭けることもできるようになりました。 クラップスの人気が上昇する一方、より様々な賭け方(HardwaysやHorn bets)や刺激のあるルールが取り入られました。

今日、クラップスはどのカジノでも最も人気のあるゲームの一つです。 人だかりがあり、熱気のある歓声が上がっていたら、そこがクラップスのテーブルです。

カジノ・クラップスのルール —

概要

クラップスにおいてシューター(shooter)ポイント(Point)を設定するために、二つのサイコロを投じます。 ベットはポイントが先に出るか、7が先にでるかを賭ける勝負となります。

ポイント(場の目)を設定しロール(サイコロが投げ込まれること)を繰り返すことをラウンド(round)と呼びます。 各ラウンドはカムアウト(Come Out)ロールと呼ばれる第1投によってスタートし、ポイントを設定します。 二つのサイコロの出目合計は2()から12()ですが、ポイントになりえるのは4、5、6、8、9、10のいずれかの数字です。出目の合計が、2(スネークアイ)、3(クロスアイ)12(ボックスカー)はクラップスと呼ばれ、7と11はナチュラル(natural)と呼びます。

カムアウトロールでクラップスまたはナチュラルが出ればそのラウンドは終了します。 ポイントとなる数字4、5、6、8、9、10のいずれかの目がでたらラウンドは続行します。 ポイントが決まったらゲームはミッドゲーム(midgame)に入り、シューターがロールを続け、再びポイントを出すか、または7を出すことによってラウンドは終了します。

カムアウトロールからラウンド終了までのロールの回数は予想できません。 ポイントの前に7が出たら、シューターはセブンズアウト(sevens out) となり、サイコロは隣りのプレーヤーに渡され、次のラウンドが始まります。 逆にシューターがポイントを出したら、次のラウンドのロールをキープすることもできます。 カムアウトロールにて2、3、もしくは12を出すとシューターはクラップスアウト(craps out) となり、隣りのプレーヤーにサイコロを渡します。 カムアウトで7か11のナチュラルを出すと、シューターは次のカムアウトロールも再びロールします。

クラップスには様々な賭け方があります。 条件付きもあれば、特定の結果がでない方に賭ける方法、ラウンド終了まで同じスポットに賭ける方法、一回のロールのみにしか有効でない賭け方など。 このように賭け方がいろいろとあるのもクラップスの魅力となっています。

クラップスの最良のスタートはカムアウトロールでパスライン(Pass Line) に賭けることです。 7もしくは11が出ればその場で勝ちとなり、配当は1対1(1ドルのベットに対して1ドルの払戻金)。 ポイントが設定されたら、7が出る前にそのポイントが出れば勝ちとなります。 パスラインへのベットの配当は1対1。 次にいろいろな賭け方を説明します。

カジノ・クラップスのルール — ベット・オプション

パスライン(Pass Line) — フロントライン(Front Line)としても知られているパスラインは、シューターが7を出す前にポイントが出る方に賭けるやり方です。 ベット方法は第1投であるカムアウトロールの前にPass Lineへ賭けます。(ディーラーが“カムアウトロールにベットして下さい”とアナウンスします。) カムアウトロールでナチュラル(natural)7か11が出ればその場で勝ちとなり、クラップスアウト(craps out)2、3、11が出れば負けです。

カムロールで他の数字 (4、5、6、8、9、10) が出た場合はその目がポイントとなり、ONと書かれたパック(puck)が置かれ、ポイントが設定されたことを示します。 パックがONであるとき、パスラインベットはポイントの目が出れば勝ち、7が出れば負けです。 配当は1対1。

パスラインへ賭けたチップはラウンドが終わるまで、変更やキャンセルすることができません。 一度ポイントが設定されたら、ラウンドは次にポイントか7のいずれかの目が出ることによって終了します。 ラウンドが終了するとパックは 裏側のOFFに変わり、テーブルの上部左のコーナーに戻され、次のロールはカムアウトロールとなります。

ドントパスバー
(Don't Pass Bar) —
バックライン(Back Line)としても知られるドントパスはパスラインとは逆にカムアウトロール以降で7が出たら勝ち、ポイントが出たら負けです。ベット方法はカムアウトロールの前にDon't Pass へ賭けます。 カムアウトロールで2か3なら勝ち、7か11が出れば負けです。 なお12だけは引き分けとなり、その場で勝負立ち消えとなります。 それ以外の数字 (4、5、6、8、9、10) がポイントとなります。 配当は1対1。

カムベット
(Come Bet) —
カムベットはパスラインと基本的に全く同じで、唯一の違いはパスラインでは最初の第1投目、つまりカムロールの時点でゲームに参加するのに対して、このカムベットは第2投目以降の好きな時にゲームに参加するとういだけの違いです。 賭けた直後のロールがナチュラル(7か11)なら勝ち、クラップス(2、3、11)なら負け、そしてそれ以外の数字(4、5、6、8、9、10)は「あとから参加したそのプレーヤーだけのポイント、カムポイント(Come Point)となります。 カムポイントのためのパックはなく、チップは「4、5、SIX、8、NINE、10」ボックスのその数字に移動されます。 それ以降のロールで7が出る前にカムポイントが出れば勝ち、7が先に出るとゲーム終了となり負けとなります。 配当は1対1。

カムベットのチップはゲームが終わるまで変更やキャンセルすることはできません。 従ってカムベットはポイントによってラウンドが終わっても(ポイントがカムポイントと違う場合)、7が出て負けるか、カムポイントが出て再び勝つまで、勝負は次のラウンドに持ち越しになることもあります。

クラップスのラウンド中は、好きなだけベットができます。 あなたがカムに賭けて次のロールがそれより以前に賭けられていたカムポイントが出た場合、その既存のカムベットが勝ちとなります。 あなたの新しいカムベットはカムポイントボックスの場所に移ります。

ドントカムベット
(Don't Come Bet) —
ちょうどカムベットとは正反対の方法で、言い換えれば、ドントパスとほぼ同じです。 ドントパスとのちがいは、カムアウトロールの段階で参加するか、それ以降に参加するかの違いとなります。 カムアウトロール以降であればいつでもこのDon't Comeに賭けることができます。 賭けた直後の最初のロールで7か11が出れば負けで、2か3ならば勝ち、12だけは引き分けで勝負立ち消えとなります。 それ以外の数字(4、5、6、8、9、10)の場合はその目が 「あとから参加したそのプレーヤーだけのポイント」となり、チップは「4、5、SIX、8、NINE、10」ボックスのその数字の一番上のボックスに移動されます。 それ以降のロールで7よりも先にその目が出ると負け、その目が出る前に7が先に出れば勝ちとなります。 ドントカムベットはラウンド終了後も次回のラウンドに持ち越しになることもありますが、カムベットとは違い、途中での変更、キャンセルが可能です。 配当は1対1。

フィールド・ベット(Field Bet) — フィールドベッドは単純なワンロール(one roll)ベットです。 どんな目が出ようが賭けた直後のたった1回のロールで勝負は決まります。 つまりそれ以降のロールはまったく関係ありません。 ルールは極めて簡単で、Fieldボックスに賭けて、直後に振られるロールで、2、3、4、9、10、11、12のいずれかが出れば勝ち、5、6、7、8が出れば負けとなります。 なお勝った場合の払い戻し倍率は1倍(1ドルのベットに対して1ドルの払戻金)ですが、2と12が出た場合は2倍です。 フィールドベットはカムアウトロールも含めて、どのロールからでも参加できます。 


ビッグシックス(Big 6)と ビッグエイト(Big 8 Bets) — ビッグ6は単純なベット方法で、ただ単に6に賭け、7より先に6が出れば勝ちです。 ビッグ8も同様で8に賭け、7より先に8が出れば勝ちです。 払い戻し倍率はどちらも1倍です。 ビッグベットはラウンド終了後も次回のラウンドに持ち越しになることがあり(例えば4、5、9、10、などのポイントロールでラウンドが終了したときなど)カムアウトロールの時も含め、いつでもベットがアクティブです。 いつからでも参加でき、途中でチップをキャンセルすることもできます。

プレースベット(Place Bets)  — プレースベットは7が出る前に特定なナンバーが出るか出ないかに賭ける方法です。 プレースベットはラウンド終了後も、勝負が次のラウンドに持ち越しになることがあり、カムアウトロールの時も含め、いつでもベットがアクティブです。 いつからでも参加でき、途中でチップをキャンセルすることもできます。 

Place to Win(プレイストゥウイン) — このベットは4、5、6、8、9、10の各個別番号に賭けた数字が、7より先に出れば勝ちになります。 チップはPlace Bets: To Winと表示されたボックス内に各数字に応じて置きます。 Place to Winの勝敗は次の通りになります。

ベット 勝ちの目 負けの目 配当 勝負なし(No Action)
4 4 7 9:5 2, 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11, 12
5 5 7 7:5 2, 3, 4, 6, 8, 9, 10, 11, 12
6 6 7 7:6 2, 3, 4, 5, 8, 9, 10, 11, 12
8 8 7 7:6 2, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11, 12
9 9 7 7:5 2, 3, 4, 5, 6, 8, 10, 11, 12
10 10 7 9:5 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 11, 12

Place Against(プレイスアゲインスト) — このベットは4、5、6、8、9, 10の各個別番号に賭けた数字より、先に7が出れば勝ちになります。 チップはPlace Bets: Against と表示されたボックス内に置きます。 Place Againstの勝敗は次の通りになります。

ベット 勝ちの目 負けの目 配当 勝負なし(No Action)
4 7 4 5:11 2, 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11, 12
5 7 5 5:8 2, 3, 4, 6, 8, 9, 10, 11, 12
6 7 6 4:5 2, 3, 4, 5, 8, 9, 10, 11, 12
8 7 8 4:5 2, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11, 12
9 7 9 5:8 2, 3, 4, 5, 6, 8, 10, 11, 12
10 7 10 5:11 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 11, 12

バイベット(Buy Bets) — バイベットは4、5、6、8、9、10の各個別番号に賭けた数字が、7より先に出れば勝ちとなる賭け方です。 バイベットはPlace to Win に似ていますが、配当金支払いの際に5%の手数料(vigorish)が引かれます。 他の多くのカジノはベットの時に手数料を取りますが、私どもはあなたが勝つまで手数料をいただきません。 バイベットはラウンド終了後も次回のラウンドに持ち越しになることがあり、カムアウトロールの時も含め、いつでもベットがアクティブです。 いつからでも参加でき、途中でチップをキャンセルすることもできます。 バイベットの勝敗は次の通りになります。

ベット 勝ちの目 負けの目 配当 勝負なし(No Action)
4 4 7 5%減, 2:1 2, 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11, 12
5 5 7 5%減, 3:2 2, 3, 4, 6, 8, 9, 10, 11, 12
6 6 7 5%減, 6:5 2, 3, 4, 5, 8, 9, 10, 11, 12
8 8 7 5%減, 6:5 2, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11, 12
9 9 7 5%減, 3:2 2, 3, 4, 5, 6, 8, 10, 11, 12
10 10 7 5%減, 2:1 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 11, 12

レイベット(Lay Bets) — レイベットは4、5、6、8、9、10の各個別番号に賭けた数字より、先に7が出れば勝ちとなる賭け方です。 レイベットはPlace Against に似ていますが、配当金支払いの際に5%の手数料(vigorish)が引かれます。 レイベットはラウンド終了後も次回のラウンドに持ち越しになることがあり、カムアウトロールの時も含め、いつでもベットがアクティブです。 いつからでも参加でき、途中でチップをキャンセルすることもできます。 レイベットの勝敗は次の通りになります。

ベット 勝ちの目 負けの目 配当 勝負なし(No Action)
4 7 4 1:2 5%減 2, 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11, 12
5 7 5 2:3 5%減 2, 3, 4, 6, 8, 9, 10, 11, 12
6 7 6 5:6 5%減 2, 3, 4, 5, 8, 9, 10, 11, 12
8 7 8 5:6 5%減 2, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11, 12
9 7 9 2:3 5%減 2, 3, 4, 5, 6, 8, 10, 11, 12
10 7 10 1:2 5%減 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 11, 12

ハードウェイ(Hardways)  — これまでのベットはすべてサイコロの目の合計当てる方法でしたが、このハードウェイ(hard way)は2つのサイコロの、目の組み合わせまでも当てなければならない賭け方です。 ゾロ目のことをハードウェイといい、[2,2]、[3,3]、[4,4]、[5,5]、 以上4種類のゾロ目が、7かイージーウェイ(easy way)より先に出れば勝ちとなります。 イージーウェイとは、たとえば [3,3] の6に賭けていた場合は、ゾロ目ではない [1,5] もしくは [2,4] の6のことで、それらの目が目標のゾロ目より先に出れば負けとなります。 ハードウェイはカムアウトロールの時も含め、いつでもベットがアクティブです。 いつからでも参加でき、途中でチップをキャンセルすることもできます。 ハードウェイの勝敗は次の通りになります。

ベット 勝ちの目 負けの目 配当 勝負なし(No Action)
4 Hard 4 7 か Easy 4 8 for 1(8倍、元金を含んでいるので実質は7倍) (7:1) 2, 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11, 12
6 Hard 6 7 か Easy 6 10 for 1(10倍、元金を含んでいるので実質は9倍) (9:1) 2, 3, 4, 5, 8, 9, 10, 11, 12
8 Hard 8 7 か Easy 8 10 for 1(10倍、元金を含んでいるので実質は9倍) (9:1) 2, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11, 12
10 Hard 10 7 か Easy 10 8 for 1(8倍、元金を含んでいるので実質は7倍) (7:1) 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 11, 12

ワンロールベット(One Roll Bets) — これらは高配当のベットグループで、一回のロールに限って有効です。 つまりそれ以降のロールはまったく関係ありません。 これらのベットはどのロールからでも参加できます。

エニイセブン(Any Seven) — 賭けた直後のロールで7が出れば勝ち、それ以外の数字はすべて負けとなります。 配当は 5 for 1(配当倍率は5倍ですが元金も含めた倍率なので実質利益は4倍:4対1)。

エニイクラップス(Any Craps)  — 賭けた直後のロールでクラップス(2、3、12)がでれば勝ちとなり、 2、3、12以外の数字はすべて負けとなります。 配当は 8 for 1(7対1)。

C & E Bets — Cベットはちょうどエニイクラップスの別な賭け方です。 いずれかのCのスポットでクリックすると一番下のCにチップが置かれ、賭けた直後のロールでエニイクラップス(2、3、12)が出ると勝ち、他の数字なら負けです。 配当は 8 for 1(7対1)。 同様にEElevenまたは Yoベットはちょうど11 Horn bet(5+6、6+5)の別な賭け方です。 いずれかのEのスポットでクリックすると一番下のEにチップが置かれ、11が出ると勝ち、他の数字なら負けです。 配当は 16 for 1(15対1)。

C & E Split — CとEのスポットをつなぐ棒にチップを置くと一つの賭けでエニイクラップスとエニイセブンの両方をカバーします。 いずれのC-Eバーの場所でクリックすると一番上のC-Eバーにチップが置かれ、賭けた直後のロールで2、3、11、12が出ると勝ち、他の数字なら負けです。 配当はエニイクラップス(2、3 、12)には 4 for 1(3対1)、Yo(11)には 8 for 1 (7対1)。

特定のホーンベット(Specific Horn Bets) — HORN BETと表示された2、3、11、12のいずれかの目に賭け、直後のロールでその目が出れば勝ちとなり、その目が出なければ負けです。スペシフィックホーンベットの配当は次の通りになります。

ベット 勝ちの目 配当 負けの目
2 2 31 for 1 (30:1) 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
3 3 16 for 1 (15:1) 2, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
11 11 16 for 1 (15:1) 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 12
12 12 31 for 1 (30:1) 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11
Horn Bet 2 or 12
or
3 or 11
31 for 4 (27:4)

16 for 4 (12:4)
4, 5, 6, 7, 8 , 9, 10

4通りのホーンベット(4-Way Horn Bet) — Horn Bet(ホーンベット)ボックス内にチップを置くと一つの賭けで4通りのホーンベットをカバーします。 ベットした直後のロールで2か12がでれば配当は 31 for 4 (27対4)、3か11がでれば配当は 16 for 4 (12対4)です。

補足ベット
(Supplemental Bets) —
オッズ(Odds)ベットとしてしられるサプルメンタルベットは既存のライン(Line)ベットに対するバックアップ(back-up)ベットです。 オッズとはこれらのパスライン、ドントパス、カム、ドントカムに賭けてカムアウトロールが振られたあとに、その賭け金を増やすやり方で、つまりベット額を追加することです。 オッズベットは既存のラインに最高3回まで賭けられます。 オッズベットはhouse edge(ハウスエッジ)がないので、配当はトゥルーオッズ(true odds)となり、各賭け方により違います。

通常のパスやカムベットと違い、オッズベットは途中でのキャンセルが可能です。 パスオッズとドントパスオッズはラウンドの終了にてゲームも終わりますが、カムオッズとドントカムオッズはポイントが出ることによってラウンドが終わっても(ポイントがカムポイントと違う場合)、7が出て負けるか、カムポイントが出て再び勝つまで、勝負は次のラウンドに持ち越すこともあります。

パスオッズ(Pass Odds) — ポイントが決まった後ならいつでも、パスオッズはPass Lineバーの右端の黄緑のエリアでクリックをしてベットを追加できます。 ベットが成立しない場合は、クリックしても無効でエラーの音が発生します。 ポイントが7より先に出たら勝ちとなります。 ポイントが4か10なら配当は2対1、ポイントが5か9なら3対2、ポイントが6か8の場合は6対5です。

ドントパスオッズ(Don't Pass Odds) — ポイントが決まった後ならいつでも、ドントパスオッズはDon't Pass Barの左端の黄緑のエリアでクリックをしてベットを追加できます。 ベットが成立しない場合は、クリックしても無効でエラーの音が発生します。 ポイントより7が先に出たら勝ちとなります。 ポイントが4か10なら配当は1対2、ポイントが5か9なら2対3、ポイントが6か8の場合は5対6です。

カムオッズ(Come Odds) — カムポイントが決まった後ならいつでも、カムオッズはカムポイントボックスの数字の右上、黄緑のエリアでクリックをしてベットを追加できます。 ベットが成立しない場合は、クリックしても無効でエラーの音が発生します。 カムポイントが7より先にでたら勝ちとなります。 ポイントが4か10なら配当は2対1、ポイントが5か9なら3対2、 ポイントが6か8の場合は6対5です。

ドントカムオッズ(Don't Come Odds) — カムポイントが決まった後ならいつでも、ドントカムオッズはカムポイントボックスの一番上の黄緑のエリアでクリックをしてベットを追加できます。 ベットが成立しない場合は、クリックしても無効でエラーの音が発生します。 カムポイントより7が先にでたら勝ちとなります。 ポイントが4か10なら配当は1対2、ポイントが5か9なら2対3、 ポイントが6か8の場合は5対6です。

パス/カムオッズとドントパス/ドントカムオッズの払い戻しには違いがあります。 ポイントが5の場合、$12のパスオッズの賭けですと配当は3対2ですので、プレーヤーは$30($18勝ち分+$12ベット額)の受け取りです。 しかし、$12のドントパスオッズの賭けですとポイントが5ですと配当は2対3ですので、プレーヤーの受け取りは$20($8勝ち分+$12ベット額)になります。

Bet Activity Guide:

ベットの名称 条件と制約 カムアウトロール
時の状態
ミッドゲーム期間
パスライン(Pass Line)
  • カムアウトロール前にベットしてください。
  • 変更、キャンセルはできません。 ポイント設定後は追加ができます。
  • ラウンドの終了時にて常に勝負も確定
  • “LINE”ボタンで再ベット
アクティブ * アクティブ
Don't Pass
  • カムアウトロール前にベットしてください。
  • ラウンドの終了時にて常に勝負も確定
  • “LINE”ボタンで再ベット
アクティブ アクティブ
Come
  • ポイントが決まるまでチップを置けません。
  • 変更、キャンセルはできません。 カムポイント設定後は追加ができます。
ベットはできません。 ただし、勝負のついていないベットはアクティブです。 アクティブ
ドントカム
(Don't Come)
  • ポイントが決まるまでチップを置けません。
ベットはできません。 ただし、勝負のついていないベットはアクティブです。 アクティブ
Field, Any Craps, Any Seven, Horn Bets, Elevens
  • One-roll only
  • “ONE ROLL”ボタンで再ベットしてください。
アクティブ アクティブ
Big, Hardways, Buy, Lay, Place
  • なし
アクティブ アクティブ
Pass Odds, Don't Pass Odds
  • ペンディングのラインベットがなければいけません。
  • ペンディングのラインベットには3回までベットできます。
利用できません。 アクティブ
Come Odds, Don't Come Odds
  • 指定のカムポイントに対して未勝負のカム/ドントカムベットがなければいけません。
  • 未勝負のカム/ドントカムベットには3回までベットできます。
アクティブ アクティブ
* アクティブとは次のロールにおいて勝敗がつくかもしれないテーブル上のベットを意味します。





カジノ・クラップス ゲーム のルール



Index Royal Vegas Casino